福祉社会への道を照らす愛の灯台

~障害による困難克服と生活・文化の向上を支える支援~

経営ビジョン

サービスを利用される方のために

・全ての利用者に平等なサービス提供

・質の高いサービスと丁寧な利用者対応

・積極的に利用者のニーズを汲み取り、事業の改善に取り組む

視覚障害者等の福祉推進のために

・読みに困難を有する利用者に対する必要な支援

・視覚障害者に対する相談支援から生活支援

人材を生かし働きがいのある職場づくりを目指して

・職員個々の先見的提案を積極的に取り入れ、事業活動に生かす

・人の和を重視した明るい職場づくり

安定した新法人づくりを目指して

・定款に基づくガバナンスの徹底と透明性の確保

・コンプライアンス遵守と健全経営

・経営情報の積極的公開と広報

・無駄遣いを廃した健全な財務管理

職員の誓い(倫理綱領)

私たち社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会の職員は法人の基本理念及び関係法令に従い、高い倫理観と専門職としての責任を自覚し、公正かつ誠実に職務を遂行することを誓います。

1.利用されるすべての方とともに

私たちは、サービスを利用されるすべての方のありのままを受容し、共感するとともに、最良のサービス提供をめざします。

2.人権の擁護

私たちは、いかなる理由があろうとも利用者一人ひとりに対して、差別、虐待、その他あらゆる人権侵害を行わず、かつその権利を守ります。

3.個人の尊厳

私たちは、利用者一人ひとりの個性や主体性を尊重し、希望に添ったその人らしい生活を支援します。

4.プライバシーの保護

私たちは、利用者一人ひとりのプライバシーや個人情報の保護に努め、安全で安心な生活を守ります。

5.社会参加の促進

私たちは、利用者一人ひとりが社会の一員として地域生活を送ることができるよう、社会参加の促進をはかるとともに、地域住民の理解と協力が得られるよう努めます。

6.地域福祉の向上

私たちは、福祉サービスを通して地域社会へ貢献し、地域との関わりを深め、地域福祉の向上に努めます。

7.職員の専門性

私たちは、専門職としての役割と使命を自覚し、常に知識と技術の向上に励み責任ある行動に努めます。